県民共済のメリットデメリット(保険の賢い選び方)

県民共済のメリット

県民共済のメリット

県民共済(都道府県民共済)のメリット
やはり安い掛け金で大きな保障があり、また非営利団体なので利益が出た場合に「割戻し」があることでしょう。
現役世代に限っていえば月々2000円の掛け金で、保障と「割戻し」を考えると、これ以上の保険はないと思います。

 


<スポンサードリンク>

 

県民共済(都道府県民共済)のメリット
  • 同等の保障内容なら民間の保険に比べて掛け金が安い
  • 割り戻し金が出れば加入者に還元される
  • 年齢や性別にかかわらず、掛け金が一定
  • 共済金(保険金)の支払いが早い
  • 民間生保と比べ不払い・交渉などの問題が少ない
  • 加入者の職業を問わない
  • 過去の病歴は自己申告制で医師の診断書は不要

※入院歴に関しては「過去2年以内」
重病に関しては「過去5年以内」
という規定があるので、 ガンや脳梗塞などでも5年以上前に治療が済んで完治していれば加入できる共済がほとんどです。

 

共済金を請求する際も、請求書を郵便で取り寄せする必要はなく、最寄の郵便局などで入手することができるのも、支払いが迅速
に行なわれる理由のひとつです。

 

※詳しくは各、都道府県の共済で保障額や内容を必ずご確認くださいね!

 


<スポンサードリンク>