県民共済のメリットデメリット(保険の賢い選び方)

県民共済のメリットデメリット

県民共済のメリットデメリット

県民共済にしても民間の保険にしても、メリットデメリットがあり、100%満足のいく保険はなかなか見つからないものです。

 

私の場合ですが、支出をなるべく抑えたい時期「県民共済」に加入し、少しだけ余裕が持てるようになってから終身の民間医療保険に追加で加入しました。

 

県民共済は支出を抑えたい時期に、
少ない掛け金で必要な保障を受けたい人にはおすすめの保険です

 

共済は加入者みんなで助け合う「相互扶助」を主旨としています。
「非営利団体」なので余剰金がでた場合は返金されたり少ない掛け金である程度の保証が得られるというメリットがあります。

 

県民共済には多くのメリットがありますが、加入する人によってはデメリットもあります。

 

県民共済は終身保険ではないので、一定の年齢(65歳85歳など)になると保険が終了してしまうというのもデメリットのひとつでしょう。

 

県民共済を検討する上で大事なことは
共済の特徴や保障内容をよく理解したうえで自分や家族にとって必要な保険かどうか見きわめることです。


 

 

県民共済のメリット
  • 民間の保険に比べ、同等の保障内容でも掛け金が安い
  • 非営利団体なので余剰金が出た場合は割戻金として返ってくる
  • 加入者の年齢・性別・職業を問わず、掛け金が一律
  • こども共済は低い掛け金で保障が厚い
  • 保険金の支払いが早い
  • 民間生保と比べ不払い・交渉などでもめる事が少ない

 

県民共済のデメリット
  • 掛け金が一律のため年齢によっては不公平感がある
  • 死亡保障の最高額が低い
  • 高齢になると掛け金は変わらず保障は薄くなる
  • 一定の年齢(65歳85歳など)で保険が終了してしまう